まなぶ情報総研の歴史

戻る


概要
  名称 まなぶ情報総研 (英名 Manabu Information & Research Institute)  
  代表者 薄田 学  
  本社所在地 東京都千代田区  
  ホームグラウンド 外苑前、溜池山王、用賀  
  社員数 9名  
  所属する団体 草野球を100倍楽しむ会(1993〜) 災害対策 委員会(2001〜)   
    汐留 Hackerz Club(2003〜) 歴史部(2003〜)  
沿革
  1996年6月 横浜市鶴見区にて「しあわせ研究所」発足  
  1997年4月 事務所を川崎市都筑区に移転  
  2000年9月 川崎市宮前区にて「まなぶ情報総研」発足  
  2001年8月 心脳草野球理論 V.1.0 ひらめく  
  2001年9月 「まなぶ情報総研」某IPS殿 障害報告システム 受注  
  2003年2月 「まなぶ情報総研」による「しあわせ研究所」吸収合併  
  2004年5月 貸借対照表と損益計算書の読み方 発行  
  2004年9月 サバイバル・マニュアル ひらめく  
  2005年2月 ICT時代における愛人クラスタリングシステム論 ひらめく  
  2006年2月 ディザスタ・リカバリ・システム構築手法についてのまとめ ひらめく  
  2006年12月 悩まなくなる話 ひらめく  
  2007年1月 よい事があった  
  2007年5月 まなぶ情報総研による計画  

 

戻る

Copyright (C) 2007 MIR All rights reserved. 情報の無断転載を固く禁じます。